2021年秋、大規模調査研究を開始

 千葉大学 予防医学センターの研究として、2,000名規模の足取り計データを収集し、個々のモニターの属性や生活状態などの情報とを合わせた研究が開始されます。

 世代や性別毎に、足取りがどのように現れるのか、足取りと健康の関係性を解明していく土台になるものと期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です