家族や会社を守るために

  • 弊社のテーマは、歩行を自動的、継続的に計測し、突然の変化あるいは中長期的な変化傾向を見出し、これを『身心の変調』を早期に見出す手がかりとして活かそうというものです。
  • 家族や社員に日々気を配ることは大切ですが、忙しい日々を送る中でつい変調を見逃すことも十分あり得るでしょう。
  • 歩くリズムを自動計測し続けることで、1%の確率で生じる『心身の変調』の可能性を示すシグナルを確実に掴むことができます。
  • このシグナルが、そのまま『心身の変調』を示すわけではありません。他の要因に基づく可能性もあり得ます。しかし1%の確率なら、そのときくらいは忙しくても注意深く自分自身を振り返り、あるいは家族や社員に目を配り、何らかの異変がないか、思い当たる原因はないかと考える契機として有益に活用できます。
  • 例えば、午後から急に僅かな倦怠感を感じ始めたとき、『これくらい、気のせいだろう』と流さず、午後の計測値を確認したら良いでしょう。午後はずっと歩行率が低下したままなら、大事を取った方が安全です。
  • 本人や周囲は、スマホや計測機器が持ちえない様々な情報を持っています。最近の仕事の状況、疲れの度合い、持病等々。ですので、計測結果からすべてを導き出す必要はないのです。計測結果から『心身の変調』の可能性が早期に見つかれば、そしてその計測結果を慎重に検討すれば、早期の対処は可能になります。
  • コロナ共生社会で、我々はまだ新型コロナ感染症を治癒させる治療薬を見つけられていません。経済の悪化に伴い、メンタル不調者の増加が懸念されています。生活習慣病などの持病が重症化要因であることも分かってきました。
  • その中で我々にできることは、あくまで予防であり、早期発見であり、新型コロナ感染症であれば早期隔離です。しかし、早期発見、早期隔離は、言葉で言うほど簡単ではありません。
  • 歩行率に基づく『身心の変調』の早期発見は、その見逃しやすいというリスクを大幅に低減できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です